魅力満載!夜行バスに乗りたくなる理由【人気があるのが個室タイプ】

記事リスト

早朝から活動したいとき

寝ている人

時間を有効活用できる

かつては全国をブルートレインと呼ばれる寝台車が走っていました。今は大幅に数が減り、東京から四国と山陰に向かう便ぐらいになっています。このブルートレインに代わってどんどん便数を増やしているのが夜行バスと言えるでしょう。ブルートレインも全国各地を発着していましたが、より発着地点の選択肢が増えています。大都市間を結ぶ路線もあれば、地方都市間を結ぶ夜行バスもあるので、ピンポイントに利用したい人に大助かりと言えます。夜行バスのいいところは、夜に出発をして翌朝に到着する点でしょう。それも早朝に到着する便が多いです。早ければ6時ごろに現地に着きますし、大抵は7時から9時までに着くように時間設定をしてくれています。旅行をする人であれば、朝から現地で観光を楽しみたい人もいるでしょう。早朝に到着すれば、ゆっくり朝食を取りながらその日の予定を立てられます。新幹線や飛行機だと、朝一で行ったとしても現地に到着するのは昼前のこともあります。早朝から活動したいとき、疲れていてはどうしようもありません。夜行バスは夜に運行していて、乗客は基本的には寝ています。リクライニングがかなり倒れるタイプであれば、快適に眠りながら次の日の朝を迎えることができます。早朝に現地に着いたときには、すっかり前日の疲れも取れた状態になっています。旅行に行く人だけでなく、旅行から帰ってその日から仕事をする人にも向いています。到着した朝にそのまま出社して仕事をする人もいるでしょう。

Copyright© 2018 魅力満載!夜行バスに乗りたくなる理由【人気があるのが個室タイプ】 All Rights Reserved.